2023年関西の人気花火大会の開催は?開催の有無や時期、詳細について調査!

ライフスタイル

コロナ禍も過ぎ、マスクや行動制限が本格的になくなり、去年以上に夏に向けて旅行やイベントごとを控えている方も多いのではないでしょうか?

そして気になるイベントのひとつ、花火大会。
花火大会はだいたい毎年7月末〜8月にかけて開催され、夏の風物ですよね。

しかしコロナ禍になってからは、大会自体が無くなったり、
去年あたりからは開催されてはいましたが、密集を避けるために、時期をずらしたり、時間を短くして
数日にかけて平日に開催する、等の様々な開催スタイルとなっていました。

さっぴー
さっぴー

そんな今年はどうなのか?
関西の人気な花火大会を中心に詳細を調査してみました!

2023年関西の花火大会の開催はある?

今年は現段階において既に中止が決定している花火大会は以下となります。

兵庫県:姫路みなと祭海上花火大会
兵庫県:淡路島まつり花火大会
滋賀県:やす花火大会

その他の花火大会については今のところ開催の予定が立っています。
その中でも大阪や兵庫、滋賀の人気花火大会を中心に、詳細をチェックしてみましょう。

兵庫県の花火大会(2023年)

第45回芦屋サマーカーニバル

兵庫県の代表的花火大会といえば芦屋の花火大会!
私も小さい頃からよく家族や友達と観に行っていた、馴染みのある花火大会です。

日程・場所詳細
2023年7月22日(土)
時間:19:45〜20:30(予定)
場所:兵庫県芦屋市陽光町 芦屋市総合公園
※会場への入場は別途チケットまたは入場券が必要

会場で花火を見るための座席やエリアは、有料チケットが必要となります。

①アリーナ観覧席 
②カップル観覧席 23,000円/2人
③特別A席    7,500円/1人
④グループ観覧席 20,000円/4人
⑤イス付き観覧席 5,000円/1人
⑥砂浜入場券   3,000円/1人

チケットはローチケより購入ができます。
詳細はこちらから。https://ashiya-hanabi.com/summercarnival/hanabiseat

今年は4年ぶりに市民広場も復活してステージもあり、縁日もあるみたいです!
市民広場への入場も事前予約制となっているので、こちらも行く予定にしている方はご注意ください。
ちなみに、芦屋市民の方は無料(市街の方は安全対策費として500円の料金です。)

公式HPはこちら
https://ashiya-hanabi.com/summercarnival/

第75回猪名川花火大会

こちらも兵庫県では人気の花火大会のひとつ。
そして猪名川花火大会は、5年ぶりの開催となります。

日程・場所詳細
2023年8月19日(土)
時間:19:20〜20:20
場所:猪名川河川敷

こちらは入場への事前予約や入場料はありませんが、前日からの場所取り等は禁止されています。
観覧場所は「第1会場」と「第2会場」があり、打ち上げ場所近くの「第1会場」では毎年混雑しており、今年も混雑が見込まれます。
駅からは少し離れますが、打ち上げ場所に近く、比較的空いている「第2会場」を運営側からもお薦めされています。

猪名川花火大会の詳細はこちら。https://www.city.ikeda.osaka.jp/soshiki/siminseikatsu/citypro/event/14135.html

みなとHANABI -2023-神戸を彩る5日間

神戸といえば、みなと神戸の花火大会。
人気のスポットであるメリケンパークにて打ち上げられる花火は、神戸の素敵な夜景と共に楽しめる人気の花火大会です。

日程・場所詳細
2023年10月16日(月)〜10月20日(金)の5日間
時間:18:30〜約10分間
場所:メリケンパーク

去年に引き続き、今年も10月の平日5日間で10分間ずつの開催となります。
音楽と花火をシンクロさせて打ち上げる音楽花火です。

私も去年観に行きましたが、たった10分ですが、すごく満足感のある10分間の花火でした!
お仕事終わりや学校終わりにサクッと観にきて、その後ご飯を食べに行くという流れもしやすく、
混雑もあまりないですし、個人的にはすごく好きな開催スタイルです。

観覧エリア等の詳細についてはまだ発表されておりませんので、開催日が近づいてきたらこちらのページもチェックしておくと良いですね。
公式HP https://minatohanabi.jp/

大阪府の花火大会(2023年)

天神祭奉納花火大会

大阪で、関西で言わずと知れた人気の花火大会!
そんな天神祭が今年4年ぶりの開催となります。

日程・場所詳細
2023年7月25日(火)
時間:19:30〜21:00
場所:大阪市北区 天満橋(JR大阪環状線「桜ノ宮駅」)

天神祭は、日本各地の天満宮(天神社)で催されるお祭りです。
大阪天満宮で行われる天神祭は、日本三大祭のひとつとなっています。

6月の下旬吉日から始まり、約1ヶ月間、様々な行事が行われ、本宮の7月25日に奉納花火が打ち上げられます。

私も何度も行ったことのある花火大会ですが、屋台もたくさん出て、活気のあるお祭りです。
今年は屋台がたくさん出て、かつての活気のある天神祭が開催されると良いですね。

公式サイトはこちら
https://osakatemmangu.or.jp/saijireki/tjm

第35回なにわ淀川花火大会

大阪の花火大会といえば淀川花火大会と言っても良いくらい、人気の大きな花火大会。
梅田のど真ん中で迫力満点の花火を観覧することができます。

日程・場所詳細
2023年8月5日(土)予定
時間:19:30〜20:30
場所:大阪府大阪市淀川区新北野3丁目 付近 淀川河川敷
十三会場側 最寄駅
(JR東西線)御幣島駅 (JR神戸線)塚本駅
(阪神電鉄)姫島駅 (阪急電鉄)南方駅・十三駅 (大阪メトロ御堂筋線)西中島南方駅

梅田会場側 河川敷での観覧禁止
※梅田会場は本年度、高速道路工事に伴い中津駅近辺から野田駅近辺の河川敷は完全立ち入り禁止になっているようなんでご注意ください。

協賛観覧席の購入はこちらから。https://www.yodohanabi.com/sale.html

なにわ淀川花火大会の詳細はこちら。https://www.yodohanabi.com/

滋賀県の花火大会(2023年)

2023びわ湖大花火大会

日本最大の湖で催される花火大会。こちらも4年ぶりに復活です!
1万発の迫力満点の花火が湖上の上で繰り広げられます。

日程・場所詳細
2023年8月8日(火)
時間:19:30〜20:30
場所:大津港周辺のびわ湖湖畔、なぎさ公園など
JR琵琶湖線大津駅から徒歩約15分、京阪電車びわ湖浜大津駅から徒歩約5分

今回は有料観覧チケットがない方への一般観覧場所等が、コロナ対策として大幅に減少しているようです。
有料観覧席のチケットはこちらから購入できます。https://biwakohanabi.tstar.jp/static/2023642129ed73a1e/

先行抽選は終了していますが、7月3日(月)10:00〜先着販売が開始されます。

びわ湖大花火大会公式HPはこちら
https://www.biwako-visitors.jp/hanabi/

まとめ

今年は4年ぶりに、5年ぶりに開催!という花火大会も多いみたいですね。
夏といえば、夏祭り、そして花火大会。
夏のイベントに今年は花火大会を加えてみてはいかがですか?

何年ぶりの開催ともあって、混雑も予想されるところも多いと思います。

さっぴー
さっぴー

安全第一で楽しんで、素敵な夏の思い出を作ってください!

さっぴー

神戸らへんに住んでいる多趣味な30代です。
服飾系の仕事をしながら、ゆるく更新しています。

食べること、飲むこと、服や美容、KPOP(特にSEVENTEEN)が好き。
実際に行った場所、使って良かったもののオススメや、役に立つライフスタイル情報を発信していきます。

さっぴーをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました